2009年09月13日

おまわりさんの銃をこわがる人は悪い人

陸自相浦駐屯地:今年も銃携行し行進 佐世保アーケード街を /長崎
9月13日15時1分配信 毎日新聞

 陸上自衛隊相浦駐屯地(佐世保市大潟町)の隊員約200人が12日、小銃を携行して市中心部のアーケード街をパレードした。駐屯地の54周年行事の一つ。旭日手旗と呼ばれる旗を振り歓迎する市民がいる一方、平和団体などの反対派約120人が「子どもに銃を見せるな」などとシュプレヒコールをあげた。

 駐屯地所属の西部方面普通科連隊員が、雨のため混雑するアーケードの約1キロを20分ほどで行進。大きな混乱はなかった。弾は装てんしていないという。

 佐世保原水協の山下千秋理事長は「銃を携行するのは、自衛隊を軍隊として市民に認知させる行為」と抗議していた。

 パレードは02年、銃を携行せずにアーケードで始まり、03、04年は銃を携行して国道35号で、05年からアーケードに移り、続いている。【野呂賢治】
〔佐世保版〕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000188-mailo-l42



毎日新聞の記者が、剣よりも物騒なペンを持っています!
子供に、そのペンで取材して書いた新聞を見せないで!





新聞用ゴミ袋





新聞がなくなる日





新聞社―破綻したビジネスモデル





反日マスコミの真実 2009−メディアの情報支配へ反乱が始まった!





売国者たちの末路





日出づる国・日本へ(上) 大東亜戦争戦争論





「反日」日本人の正体
posted by かな at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。