2009年02月27日

法律を守らない外国人はいりません

東京入管、フィリピン人一家の期限を再延長
2月27日11時59分配信 読売新聞

 不法滞在で国外退去処分が確定し、在留特別許可を求めている埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アラン・クルズさん(36)一家について、東京入国管理局は27日、拘束を猶予する仮放免期限を来月9日まで再び延長し、この日出頭したアランさん夫妻に、次の期限までに帰国日を決めなければ強制送還する方針を伝えた。

 法務省は、日本語しか話せない長女のり子さん(13)を含む一家全員の帰国か、のり子さんだけを日本に残すかを選び、帰国日を決めるよう求めていた。今月13日の期限が27日まで延長されたが、夫妻はこの日、帰国日を決めずに出頭していた。

 期限の再延長を受け、東京・霞が関で記者会見を開いた夫妻は「3人で日本に残りたいという気持ちは変わらない」と訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000531-yom-soci




フィリピンに帰って日本人学校にでも入れてもらう?
でもね、いつか母国語か代わりの言葉ををおぼえなきゃ、
それは「一生日本にいさせてくれ」って言ってるのと同じだよ。
ナイショで住みつづけたんだから、女の子だけでも選べるように
してあげたのは大サービスだよ。
あんまりワガママ言って困らせちゃらめえええぇぇぇ!





居候天国





よくわかる入管法





旅の指さし会話帳 (14)フィリピン ここ以外のどこかへ!





金なし、コネなし、フィリピン暮らし
posted by かな at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114892471

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。