2008年10月02日

人権無罪!人権無罪!

<光母子殺害>橋下氏に賠償命令 元少年の弁護士への発言で
10月2日10時22分配信 毎日新聞

山口県光市の母子殺害事件(99年)を巡り、橋下徹弁護士(現・大阪府知事)のテレビ番組での発言で懲戒請求が殺到し業務に支障が出たなどとして、被告の元少年の弁護士4人(広島弁護士会)が計1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、広島地裁であった。橋本良成裁判長は原告の訴えを認め、橋下氏に原告1人当たり200万円、計800万円の支払いを命じた。

 光市事件を巡っては、被告の元少年側弁護団が差し戻し控訴審で「(事件の動機は)失った母への恋しさからくる母胎回帰によるもの」などと主張。一部世論が反発する中、橋下氏が昨年5月放送の情報バラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で「許せないと思うなら一斉に弁護団の懲戒請求をかけてもらいたい」などと発言した。直後から弁護団メンバーが所属する弁護士会への懲戒請求が急増。日弁連によると、07年末までに計8095件の請求があった。

 橋下氏を提訴した今回の訴訟で、原告側は「被告人の利益を最大限主張することが刑事弁護人の職責。橋下弁護士も理解しているはずなのに、懲戒請求を促したのは極めて悪質」などと主張。多数の懲戒請求と橋下氏の弁護団批判で「請求への対応に追われて業務に支障を生じ、弁護士としての信用を傷つけられるなど精神的な苦痛を受けた」として1人当たり300万円の損害賠償を求めていた。

 一方、橋下氏側は「懲戒請求は(請求者の)自発的意志に基づくもの」として、発言が請求を誘発したことを否定。更に「07年4月の最高裁判決は懲戒請求の根拠を調査・検討する義務を示しているが、その対象は実際に請求した者。(呼びかけただけの)被告に義務はない。仮にあったとしても調査・検討を尽くした」と反論した。また、「懲戒請求で負担が生じたのは弁護士会の責任」などと原告側の損害との因果関係も否定した。【矢追健介】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081002-00000014-mai-soci




被害者や遺族の心の痛みが分からない人が「精神的な苦痛を受けた」だって。

役割があるからって、なにをやってもいいわけじゃないよね。
弁護の理屈がデタラメだもん。あれじゃあみんな怒るよ。

検察の人が容疑者の罪を重くするためにデタラメの動機を言ったり
自衛隊が国を守るためにデタラメな攻撃をしたら
この弁護士さんたちはおかしいと思わないのかな?

橋本さんがどんなに呼びかけても
弁護がデタラメだと思ってない人は、懲戒請求なんてしません!





橋下弁護士VS光市裁判被告弁護団―一般市民が見た光市母子殺害事件




光市事件裁判を考える




光市事件弁護団は何を立証したのか




裁判狂時代-----喜劇の法廷★傍聴記




VINYL COLLECTIBLE DOLLS ドラえもん W-size
posted by かな at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107459478

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。