2009年12月22日

そのうちこれが普通の家になるのかな

住めるの!? 広さ1畳の“ワンルームマンション”
12月21日18時9分配信 ITmedia News

 「どうやって住むの!?」――畳約1畳分(1.6平方メートル)の部屋が1つあるだけの「ワンルームマンション」がTwitterなどで話題になっている。

 「HOMES’賃貸」に掲載されている大阪市中心部の物件。間取りは「洋室1畳」で、1畳間にドアが付いているだけのワンルーム仕様だ。ドアや床、壁を写した「居間」の写真も載っている。月額賃料は共益費込みで9000円(敷金・礼金なし)と格安だ。

 たった1畳の居間でも、折りたたみ式の机を置き、体操座りで眠り、トイレは周辺の住民に借りれば住めるかもしれない。「座って半畳、寝て1畳」と言うし……などと想像をめぐらしつつ、掲載元の賃貸住宅サービスに、どういう物件なのか聞いてみた。

 回答は、「この物件は住居ではなく、トランクルームです」。

 ……ですよね。内装画像のタイトルが「居間」となっているのは、システム上「居間」と入れないと画像登録ができないためだそうだ。

 というわけでこの物件には住めないことが判明したが、もし1畳の格安ワンルーム物件が市街地中心部に実在したら、終電を逃して帰れなくなった時の寝場所や、集中したい時の作業場として便利に使えるかも!?【岡田有花】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091221-00000064-zdn_n-sci




家財道具はケータイ電話だけ。
食事はコンビニとファーストフード。
箱みたいな家に帰って、ケータイでゲームしたり音楽聴いたりしながら
仕事の連絡を待ってる。
置く場所が無いから何も買わない。
だから景気も良くならない。
それが普通になるような気がするなあ。



“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか



ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る



蟹工船WORK SONG BOOK~日本の労働歌集



ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない



狭いところでSEX 黒川きらら
posted by かな at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。