2008年02月19日

近ごろの漁船はステルス性能が高いんですね

イージス艦と漁船衝突 レーダー探知の死角「魔の時間帯」目視困難
2月19日15時55分配信 産経新聞


 最新鋭のイージス艦が起こした漁船との衝突事故。日本に飛来するミサイルの探知・追尾機能を備え、ミサイル防衛(MD)の中核を担うはずの護衛艦が、自国の領海内で民間船を事故に巻き込む事態となった。事故はなぜ起きたのか。

 イージス艦のレーダーは高性能で、一度に100以上の目標を追い、ミサイルや大砲など武器を自動的に選択して迎撃できる。データリンクシステムで米イージス艦と情報を瞬時にやりとりできることから、日米同盟の象徴とも言われる最新鋭の艦船だ。

 だが、軍事評論家の熊谷直氏は、「百パーセント、レーダーで探知できるわけではない」と話す。

 熊谷氏によると、高性能レーダーといえども、小さな船は波の陰に隠れてしまうことがあり、発見できない可能性はあるという。また事故が起きたのはちょうど夜明け直前で、心理的に安心感が生まれる『魔の時間帯』。さらに薄暗がりの中、海上の小さな船などは目視で見つけにくくなるといい、熊谷氏は「3、4人で見張りをしていても見つけにくいのではないか」と指摘する。

 そのうえで熊谷氏は「漁船の破壊状況からみてイージス艦が衝突したと考えられるし、現段階では見張り不十分としか言いようがないが、今後事故当時の両方の様子を、詳しく調べて事故を詳細に解明する必要がある」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000103-san-soci




これ、漁船に乗ってた人のことは心配だし、こういうことで犠牲者が
出ることは、もちろんあってはいけないんだけど・・・

国をまもるっていう事にとっても大事件だとおもうんだよね。

これがもし漁師さんじゃなくて自爆テロだったら、イージス艦は
沈んでたわけでしょ。

夜明前は魔の時間帯?奇襲は夜明けと決まってるんだよ?
もっとしっかり見張りをしないとらめえええぇぇぇ!







ヒヤリハット200と事故防止―船舶の衝突・乗揚・転覆






DELCATEC 音と光の見張り番 (屋外形センサライト) LP-3200






OLYMPUS 双眼鏡 10X21 DPC I






覗いちゃだめっ! ~ドキドキ女子寮かんさつ~

posted by かな at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。